会社概要

社 名 九州機械保線(株)
設立 平成16年8月10日
本社 〒812-0016
福岡市博多区博多駅南6丁目3番1号
TEL.092-481-5006 FAX.092-481-5008
地区作業所 早岐、熊本、人吉、鹿児島、宮崎、延岡、
大分、杵築
営業種目 土木工事業
とび・土工工事業
事業内容 1. 軌道新設・改良及び保守工事の請負
2. 線路検査工事の請負
3. その他保線用機械の運転操作
資本金 2,000万円
代表者 三原 利一
社員数 155名
鉄道は、安全・安定・快適さをモットーとした省エネかつ大量輸送手段の本命です。
そして、それを支える優れた線路の保守技術、これこそが、私たちが培ってきた技術です。
当社は、九州全域で大型保線用機械等を駆使して、鉄道線路の新設、改良、検査、保守工事を施工しています。
これからも、たゆまぬ努力により、「安全を最優先」する会社として、未来へと続く鉄道の保守に貢献して参ります。
事業所 地図

営業所のご案内

早岐作業所 〒859-3223 佐世保市広田3-37-28 
九鉄工業早岐保線所内
TEL.0956-39-1117 FAX.0956-39-1117
熊本作業所 〒860-0055 熊本市西区蓮台寺2-1-25
九鉄工業熊本保線所内
TEL.096-328-3220 FAX.096-328-3220
人吉作業所 〒868-0013 人吉市上薩摩瀬町字園田894-1
九鉄工業人吉保線所内
TEL.0966-24-8065  FAX.0966-32-9065
鹿児島作業所 〒892-0836 鹿児島市錦江町3-31
九鉄工業鹿児島支店2階
TEL.099-295-6135 FAX.099-295-6136
宮崎作業所 〒880-0842 宮崎市青葉町10-4
九鉄工業宮崎保線所内
TEL.0985-31-0272 FAX.0985-31-0272
延岡作業所 〒889-1200 児湯郡都農町川北福原尾3856-1
TEL.0983-25-3555 FAX.0983-25-3557
大分作業所 〒879-5434 大分県由布市圧内町圧内原字上東家307-6
TEL.097-586-2204 FAX.097-586-2205
杵築駐在 〒873-0015 杵築市大字八坂字小長田1811-1
九鉄工業杵築駐在内
TEL.0978-68-8848  FAX.0978-68-8848
事業所 地図

先輩メッセージ

一般軌道保守

岩下 将大  平成24年入社 (九州機械保線㈱鹿児島作業所 所属)

①この会社に入ろうと思った決め手は?

公共交通手段として利用される「鉄道」の線路を整備し、安全に列車を走らせるという責任ある仕事に就き実現させたいと思ったからです。

②現在の仕事は?

鹿児島本線の古くなった木まくらぎをコンクリートまくらぎに交換する作業や、レールの継目箇所をなくす目的のロングレール交換作業などを行っています。ロングレールに交換することで、列車の振動や騒音を軽減することができます。

③自分自身が成長できたエピソードは?

自分たちの安全を確保するためのルールを守らない行動をとった時に、普段はとてもやさしい先輩から厳しく指導を受けました。
迅速に仕事をすることも大切ですが、決められたルールを守る事は自分にとっても、列車の安全にとっても一番大事なことだと感じ、最初に身につけなくてはならない事だと思いました。

④これから入社を考えている人へのメッセージ

線路の保守をするための道具は全て重いものばかりです。 また、連日昼夜を問わず作業を行います。 決して楽な仕事ではありませんが、当たり前に走っている列車は自分たちが支えていくという使命感に燃える毎日です。
そんな熱い思いを一緒に共有したいと思っています。

大型保線機械保守

羽野 幹司  平成23年入社 (九鉄工業㈱大分支店軌道課 出向)

①この会社に入ろうと思った決め手は?

日常生活の基盤でもある鉄道の保守業務に直接携わることができ、とても重要で責任のある仕事に魅力を感じたからです。

②現在の仕事は?

線路のゆがみを直すために使用する、大型保線機械マルチプルタイタンパ(マルタイ)で日々安全かつ乗り心地の良い線路を保つ仕事を行っています。

③自分自身が成長できたエピソードは?

私たちの行っているマルタイで一番大事な事は、やはりチームワークだと思います。チーム内での確実な意思疎通、連絡を行うことで危険と隣り合わせの線路内の作業でも安全に行うことができます。
この仕事のおかげでコミュニケーションの重要性を知ることが出来ました。

④これから入社を考えている人へのメッセージ

線路の保守業務は常に線路に気を配り、ミリ単位の正確な作業を行わなければならなくとても難しく大変な仕事です。しかし、作業が終わった後安全に列車が走っている姿を見ると何ともいえない達成感でいっぱいになります。
この達成感はこの仕事でしか味わえないと思うので、是非私たちとこれからの線路の安全のためにも一緒に頑張っていきましょう。

PAGE TOP