安全部門

「当社は安全を全てに優先します」という認識のもと、お客様や地域の皆様に信頼される「安全風土づくり」をすすめています。

  「当社は安全を全てに優先します」を合言葉に、お客様や地域の皆様に信頼される「安全風土づくり」をすすめています。
  作業所及び保線所では、特定元方事業者としての統括安全衛生管理体制を基本に、九鉄KYK(危険予知活動)の実践、安全工程打合せや災害事故防止協議会を開催しています。また、法令遵守に係る必要な指導等は、「計画(P)・実施(D)・評価(C)・改善(A)」のサイクルに基づき毎日全力で取り組んでいます。
  本社及び支店では、幹部による工事現場の安全パトロールを計画的に行い、統括管理の実施状況を点検し必要な改善指導を行っています。また、本社には工事現場を専門に巡視点検する「安全指導員」を配置して、的確な安全指導を行う体制としています。
  安全施工のためには関係する協力会社の理解と協力が不可欠です。「九鉄安全協議会」の活動を中心に、一体となって各種講習会や研修会、事故防止キャンペーン等の施策的な取り組みを展開し、すべての従事員の安全意識と安全知識のレベルアップを図っています。

部門詳細
■建築、土木、線路事業の安全管理、安全規定、作業標準策定
■安全のための施策推進、安全教育、訓練、安全パトロール
 

安全5則

安全5則

業務内容

右下にがある画像をクリックすると内容が表示されます。

安全施工/定められた手続きを正確に実践
安全施工
危険予知活動/作業着手前にリスクアセスメントを導入した九鉄KYKを実践
危険予知活動
安全掲示板/現場に施工体制等を掲示
安全掲示板
安全大会/安全大会で無事故を誓う
安全大会
PAGE TOP